So-net無料ブログ作成
検索選択

人生をライド [コラム]

スポンサーリンク






人生をライド

人には感情がある。
感情があるから人は笑ったり泣いたりする。

楽しいから笑う、そうでないなら笑わない。
果たして、それだけが私たちに出来ることだろうか。
感情の声に従っているだけでは大事な人生のヒントを見過ごしてしまっていないだろうか。

笑えない時でも、笑顔をつくると脳内は活性化し楽しい気分になるという。
ここに、感情だけにとらわれず生きる人生を上手にライドするヒントが詰まっている。

大切なのは、人は引っ張られるということ。
環境に、人に、物に、色に、音に引っ張られる。
ひいては宇宙に、重力に、この世の法則に引っ張られる。


例えば、百円均一店に一つだけ高級な家具が並んでいたとしたら誰もが違和感をもつだろう。
エネルギーの集積でもある人はそもそもそういった違和感に敏感であるはずであってそれを感じ取る力は誰もが持っている。
ここで言いたい事はバランスのことである。
物質に優劣はなく、バランスによって成り立ち、構成され集積する。

人間の身体も物質と同じく一つ一つの原子エネルギーの固まりだという。
世界を形作っているのはもとは同じエネルギーの一つ一つであり、この世界の物質は近しいものが集積し合う。
似た者は居心地が良く、そうでないものは反発する。
人を、町を、自然を見渡せば分かるだろう。
波長が環境や人を自然と区分けする。
それはただ自然と成る。
波長をオーラ、気、マナ、等色々な呼称があるが捉え方の多少の違いであり本質は同じであろう。
将来的に自分どう在りたいか、どう成りたいか、どう生活を営んでいたいか分かっていれば答えは自ずとでるだろう。



自然と三厭五葷になってから身体の発する声は変わった。
なるべく新鮮でシンプルで過剰に人の手が加えられていないものを摂るようになった。
新鮮なものに着色料は必要ないのだから。
野菜果物はそれだけで甘く、砂糖の甘さはもはや嗜好品。



感情は身体の出す答えとすると、その答えに正誤は存在しない。
自らが行った行動に対する結果が示されるだけ。
だから人はそのことに翻弄される。

身体を器用に乗りこなすには、感情に振り回されることなく
感情が出す声に耳を傾け、どう軌道修正したらよいか、
ここで頭を最大限に活用するときが来る。


エネルギー同士は引き合うこと。
優劣はなくバランスで構成されること。
感情に正誤はなく、自らが行ったことに対する結果が出るだけ。
良い感情という結果を出す為に何をすべきかが頭を使うポイントになる。

穏やかで静かな海のように、ものごとは自然と在るべき場所に、そのものが相応しい場所へ漂着する。
いかだを漕ぐと同時に、先ずは相応しいであろうエネルギーを纏い演じよう。
どんないざこざも在るべき形で解決されるだろう。
そこに善も悪もないのだから。
 



スポンサーリンク


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 27

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。